FC2ブログ

Welcome to my blog

IRIS *

花/よ/り/男/子 * 二次小説を書いています

はじめに  【最初にこの記事を閲覧ください】
No image

READ MORE

See more details

はじめに  【最初にこの記事を閲覧ください】

※最初にこの記事を閲覧下さい※はじめまして。Aria (アリア)と申します!こちらは、《花//よ//り//男//子》が大好きな人間の 二次小説をUPするブログです。管理人の拙い文章を自己満足で掲載しております。二次小説に抵抗のある方は、どうか文章を読んで拒否反応が出る前にUターン下さい。尚、当ブログは 以下の注意書きに同意された上で閲覧ください。作者及び出版・製作会社、版権元各位とは一切関係ありません。画像、文章の...
贏ち得る .28
No image

READ MORE

See more details

贏ち得る .28

「お話したい事があります。」つくしはあれから1週間。考えに考え抜いた。私の気持ち。それと、私はどうしたいのか。優紀や、桜子や滋に相談したが、3人はつくしが思う通りにすべきだと背中を押してくれ両親も叔母も喜んでくれた。そして考えた末。麗子さんと家元にお会いする約束をした。約束の時間より10分程早く西門邸の門の前に着くとこの日の為にと叔母が貸してくれた訪問着の襟を正す。「牧野様。お待ちしておりました。」イ...
贏ち得る .27
No image

READ MORE

See more details

贏ち得る .27

叔母の理恵子から頼まれた展覧会は、滝坊流の宗家の婦人会が企画した物で3日前から会場準備やら展示品の確認など忙しく走り回った。婦人会の代表である滝坊流宗家・家元夫人はつくしの事を特に気に入っており数年ぶりに展覧会の手伝いに参加してくれたと上機嫌だった。70代後半に達した家元夫人は華道界では有名な曲者で、各地域の支部でも恐れられているが素直で真っ直ぐなつくしを気に入り、宗家の内弟子として側に置きたいと本...
贏ち得る .26
No image

READ MORE

See more details

贏ち得る .26

PiPiPiPiPiPiPi…眠れないまま朝を迎えたつくしは、目覚ましを止めてリビングへと続くドアの前に立った。どうしよう…もう起きてるよね?はぁ。どんな顔して西門さんに会ったらいいの?!赤くなったり青くなったりと忙しく考え事をしていると、ガチャリとドアが開いて総二郎と目が合った。あと数センチで唇が重なる距離。目玉がこぼれ落ちそうなほど見開くと、総二郎は少し顔を赤く染めるが直ぐにポーカーフェイスを装いなおす。総 ...
贏ち得る .25
No image

READ MORE

See more details

贏ち得る .25

「つくしごめんね。仕事、忙しいんでしょ?」つくしは叔母の運営する華道教室の講師として、手伝いに来ていた。つ 「いいのよ。昼間は時間あるし。せっかく叔母さんに言われて華道の師範まで取っても、こうやって活用しないと勿体無いもの。たまには叔母さん孝行しないとね!」叔母さんが趣味で華道を始めてから、つくしも誘われるがまま華道教室に通い既に師範の資格も得ていた。牧野家の経済事情では、習い事の1つもやらせてあげ...