FC2ブログ

IRIS *

Category: [リハビリのお話]  1/2

あなたに届くまで [リハビリSS] .01

久しぶりじゃない?そう話す唇はあの頃とは違い、綺麗な赤に染まっている。高校を卒業して5年。約束の4年は守れなかったが、それでも待ってくれていると思っていたのは俺の1人よがりでいつの間にかに繋がっていると思っていた携帯電話はタマの手元に移動していてあいつが住んでいたアパートには知らない人間が住んでいた。直ぐに行方を追い始めた俺に待ったをかけたのは俺の味方だと思っていた姉ちゃんで「約束を守らなかったのは...

  • 0
  • -

あなたに届くまで [リハビリSS] .02

「ねぇつくし。本当にこのままでいいの?」4年の約束をすっぽかされる所か最初の1年後以降、道明寺から渡された金ピカの携帯が鳴る事は殆ど無かった。寂しいとか会いたいとか悲しいとか辛いとかそんな気持ちに振り回されたく無くてとにかく勉強してバイトして4年目の春を迎えた年連絡なんて来ないの分かってるのにバカみたいに毎日充電して毎日枕元に置いていた携帯をタマさんに託した。あんなに肌身離さず持ち歩いた携帯からいざ...

  • 0
  • -

あなたに届くまで [リハビリSS] .Fin

煌びやかなパーティー会場の片隅にF4ラウンジを思い浮かばせる様なバーカウンターに揃えたのかと思わせるかの様な黒い衣装を纏った美しい男女が肩を並べた。男はその場に居るだけで周りを緊張させる様な威圧感をもち女はその場の隅々まで温める様な穏やかな笑顔を見せる。「あいつら。やっと話始めたんだ?」「ツマンネ。このまま司が何も出来なくて後悔してる顔を肴に飲もうと思ってたのに。」「総二郎。そう言うなよ。このタイミ...

  • 2
  • -

リハビリ第二弾です タイトル未定 .01

こんばんは。Ariaです。昨日のリハビリのお話にコメントや拍手頂きありがとうございました。書く時間があると思うと次々に書きたい熱が溢れかえり昨日から夢中で書いていますと言う訳で……リハビリのお話の第二弾も更新させて頂きます。今回のお話は中編で全7話となっております。ハッピーエンドで、出来るだけ明るい話を目標に書きました。楽しんでいただけたら幸いです。退屈でイライラしていた。毎日能面みたいな顔した奴らに囲...

  • 2
  • -

リハビリ第二弾です タイトル未定 .02

この学園で俺を知らない上に俺を違う奴の名前で呼ぶ女なぜか俺の脳裏からこびりついて離れねぇ。余計にイライラするがこのイライラは酒を飲んでもその辺の奴を殴っても誤魔化せなくてもっと腹が立った。どうせあんな女。俺を知らないと言うことはただの貧乏人だろう。今度会ったら2度とその面を見せられない様に追い出してやる。せっかくそう決めたのになぜかあれから1度も女を見かける事はなく半年が過ぎていた。その間俺は真面目...

  • 0
  • -