FC2ブログ

IRIS *

Archive: 2019年03月  1/3

こはるびより .25

類がキスをした左手を離さないまま、自分の腕にそれを絡ませる。そして寄り添うように歩き出した2人を会場に居た人々は思わず溜め息を吐いた。椿 「…っと!聞いてる?つくし?」僅かに感じた違和感を振り払うようにシャンパンを煽ったつくしは半分以上聞き取れなかった椿へと意識を戻した。つ 「ん。それで?」椿 「…聞いてなかったわね。」じゃあ行くよ!と手を引かれ祥一郎と3人で歩き出す。聞いていなかった事を認める暇も与...

  • -
  • -

盲愛の2人 .Fin 【2019 類Birthday】

昨日に引き続き類くんバースデーの短編です。暫くしてホテルに横付けされた車のドアが開くと僅かに白檀の香りがした。そして私の手を取ろうと差し出された手に思わず手を重ねる。「あれ?西門さん?ホテルで待ち合わせたっけ?」「俺もここで打ち合わせだったんだよ。そしたらお前が乗った車が来たからさ。つうか。差し出された手を迷いなく取るなんて相手確認しないといつかさらわれんぞ。」「ごめん。つい癖でってゆうか私に手を...

  • 4
  • -

盲愛の2人 .01 【2019 類Birthday】

今日と明日は類くんのバースデー記念の短編を更新します.゚+.(・∀・)゚+.タイトルは「盲愛の2人」(もうあい)その名の通り、盲目的に愛し合う2人のお話です。ちょっと暑苦しいか少し引くくらい?連載で切ない想いをしている類くんの救済にと思い付きで書いたのでコジツケ感が凄い上ストーリー性もゼロでお恥ずかしいですが遊びのお話と言う事で見逃して下さい |д゚)チラッ箸休めに?楽しんで頂けたら幸いです。「つくしの馬鹿っ!もう知ら...

  • 0
  • -

こはるびより .24

何度来てもこの空気には慣れない。フラッシュと悲鳴のような黄色い声のスコールにあてられ漸く辿り着いたパーティー会場には煌びやかに着飾った男女が楽しげにグラスを手に話をしている。賢そうに見える紳士に淑やかそうに見える淑女たちの会話はやれあの株が好調だのあのブランドの新作がだのと大嫌いだった英徳の教室で繰り広げられていた内容と大差ない。祥一郎 「馬鹿につける薬はないな。」椿 「それより、三つ子の魂百まで...

  • -
  • -

こはるびより .23

上場企業の創設一族の1人娘。見目麗しい深窓の令嬢。パリコレやハイブランドのイメージモデルとしても活躍しその上、弱者を救う事が出来る国際弁護士になるため単身海外で勉強に励む。そんな彼女の交友関係は広い。社交界に名を連ねる世界的に活躍する起業家や著名人に至るまで簡単にマスコミの前に姿を現さない人々が、彼女のバースデーを祝うために態々来日しメープルホテルに集結する。ホテルの前に次々横付けされる高級車から...

  • -
  • -

更新のお知らせ

※この記事の前に本日分の連載を更新しています※いつもIRISを訪れてくださる皆様。私の書いたお話を読んでくださる皆様。ありがとうございます。拍手やランキングへのポチも…とても嬉しいです!!ただの更新のお知らせだけで別記事をUPするのもどうなのかと思いましたがいつもお話を読みに来てくださる皆様に感謝の気持ちを伝えたくてお知らせ記事を書く事にしました。と言っても月並みな言葉でしか感謝の気持ちを伝えられず申し訳...

  • -
  • -

こはるびより .22

つ 「……もう…だめ………」壁についた手は汗で滑り髪を乱して頭を振った。メイクのされていない顔は、幼さを残したまま苦痛に歪み剥き出しになった肩でハアハアと息をする。椿 「だめじゃないっ!もう少し絞らなきゃ!!つくしは細い分、ウエストを絞らないとバランスが悪くなるのよ?」胸がなくて悪かったわね!!静が帰国したのは、彼女のバースデーパーティーのためだった。例外なく招待されていたつくしは、一緒に参加する椿に数...

  • -
  • -

こはるびより .21

つ 「確かあの子…類くんって名前だったよね?」静 「そう!思い出した?類はつくしちゃんの居る保健室に通い詰める、困った高校生になったの。……つくしちゃんとの間に起きた事司たちから聞いたわ。つくしちゃんにあんな酷いことをするなんて…ごめんなさい。」つ 「あの子が……花沢くん?」そう言われてみれば、あの子の眠る姿を見る度に心がほんのりと暖かくなるような懐かしくなるような不思議な感覚を覚えた。思わずその柔らか...

  • -
  • -

こはるびより .20

つ 「……っしずかちゃん!!」初めて会った頃から天使の様に美しく妖精みたいに儚い子で、時々見せるケラケラと笑う顔は少し幼かった。両親や周りの大人の暖かい愛に包まれて育った可憐な少女は成長し貧困や世間の強者に苦しめられる立場の人を助けたいと言う夢を持った。それまで持っていた裕福な生活も、愛され守られる生活も捨てて1人海外に旅立った日。可愛いだけだった彼女は目をキラキラとさせた凛とした女性に変わっていた...

  • -
  • -

こはるびより .19

私信です*++ぼ様♡そうなんですよね…優しさがつくしちゃんにとっては悪い方に作用してしまったんです(;ω;)どちらも悪意がないのが悲しい…静が帰国したのは、つくしが1ヶ月の長い旅行から帰国して直ぐだった。類は相変わらず貪る様に眠る毎日を過ごすばかりで春休みが過ぎても学園内に顔を出さない。静 「久しぶりに帰国したのに、出迎えもしてくれない薄情な事する子になっちゃったの?類。」類 「静…帰ったんだね。おかえり...

  • -
  • -